ニャルホランド ドライヴ 改め ニャンホマニアック -NYANPHOMANIAC-

BoBA家で暮らす猫たちの写真日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

222枚のタマ

早いもので、タマが逝ってから1週間が経つ。
タマに触れられなくなった分、スズに触れる回数が増えた気がして、
果たしてスズはどんな気分でいるのだろうか?

DSC00930.jpg

月曜日の事に遡るけど、
その日はタマの遺影にする写真を選ぼうとして
一日中、タマの写真ばかりを見てた。

12年間に撮り溜めたタマの写真は1000枚を超える。
その中から 222枚の写真をセレクトした。
我ながら出版したいぐらい素敵な写真だ。
でもこれは親バカ故の感情に過ぎないのだろう…
取り敢えずこれはフォトフレームやテレビで再生する事にしよう。

遺影の写真も決め兼ねて、結局10枚も発注してしまった。
元気で若々しくポッちゃりしてた頃のタマも良いけど、
末期のタマも大人びて見えてリアリティーを感じる。
でもまぁ、プリントアウトした写真も多くはなかったから何枚かあってもイイか~


家の中で何かとタマが居なくなった事を痛感する日々。

お風呂に入っても、タマが後から入って来て、
湯船のお湯を手ですくったりして飲む事はない…

僕がキッチンに立っても、
条件反射でエサ鉢の傍に来て待つ事もない…

故郷の漬け物スンキを出しただけで、
かつお節を目当てに駆け付けて来る事もない…

空腹を訴えているかのように、
ゴミ箱からはみ出たビニール袋を舐め続けられる事もない…

イケない事とは何となく分かっているクセに、
ソファーで爪研ぎをしては叱られて逃げる事もない…

何を訴えての事かサービスなのか、
時々、僕の背中に手を掛けて、爪研ぎともマッサージとも言えない行為をする事もない…

タマが手足を縦にまっすぐ延ばして寛ぐ姿を見て、
また夏が来たんだなと実感する事もない…


そんな事を思い出す度に胸が締め付けられる。
そして今頃になって、
スズを使ってまで、タマの死後を物語る必要はあったのかと悩んでる。



 ◀◀ クリックして応援してね! tama02boba57Susu03


| Tama | 22:05 | comments:47 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/07/12 19:01 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/04/14 00:35 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/03/12 12:49 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/03/10 12:18 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/02/22 22:44 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/02/21 22:50 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/02/16 09:10 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/02/13 11:21 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/02/05 17:15 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/02/03 21:45 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/02/03 21:36 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/01/17 03:03 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/01/15 21:18 | |

久しぶりの訪問です

久しぶりに来てみたらビックリ!
私も5年ほど前にたて続けにニャンコが亡くなりました。
だから思わずあれこれ書きたくなりましたがやめました。

一言だけ。
BoBAさんがこんなにも愛してくれていることを、タマさんはちゃ~んと分かっていますよ。(^_^)

| 猫又 | 2013/01/06 00:31 | URL | ≫ EDIT

猫を失った悲しみは猫でなければ埋められない

私も6年前に猫と犬を失いました。もう、何も飼わない!と悲しみに明け暮れていましたが、知り合いが猫を手放さなければならず、結局悲しみも癒えないままその猫を迎えました。で、結論、猫を失った悲しみは猫でなければ埋められない。まだまだ不幸なネコちゃんがたくさん居ます。余裕ができたら、スズ様のお相手を考えてみることをご提案致します。ご心痛、深くお察し申し上げます。
たま様のご冥福をお祈りします。

| aichan | 2013/01/06 00:11 | URL |

新年明けましておめでとう御座います

昨年は久しぶりに訪問したら、まさかのタマちゃんの訃報で 、スズちゃんの間違いかスズちゃんがそれまで具合悪かったからその代わりなのかも(ーー;)と思いました。先月、BOBAさんの出てる宝くじCM見て、見たよ~と書き込みしようと思ってたのですが、かくのを憚られて‥。まだタマちゃんの居ない悲しみが癒されないかと思いますが(語弊有るかもしれませんが)他の方も書かれてますが気落ちしてるBOBAさんの姿をタマちゃんが空から見てたら悲しがるかと思います。
体験漫画で見るけど(私事だけど怪談好きでその手の雑誌読むので)亡くなったペットが生きてる時の様に元気に走り回ってる姿が夢に出て来るケースが有ります。残念ながら12年前に亡くなったうちの一代目フェムトは薄情なのか?夢に出て来てくれませんでしたが、もしかして今居る二代目だか他所で生まれかわってるのかも‥と思ってます。
話替わりますが、さっき「ダブルフェイス」録画しながら見てたら、政治家の娘を連れ戻しに来た男2人組片方の後ろ姿がBOBAさんに似てる‥と思ったらドンピシャでした。後日ゆっくり見ます。長くなり済みません。
寒い日が続きますが、お体にをつけて下さい。

| ブランフェムト | 2013/01/05 22:36 | URL | ≫ EDIT

スズちゃん

スズちゃんの気持ちをいつも通りにブログにする。
それは、タマちゃんも喜ぶと思います。
BOBAさん達が元気に暮らしてくれることが
タマちゃんの1番の願いだと思います。

| ゆきどら | 2013/01/05 13:26 | URL |

心より

謹んで、心より タマちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。


「存在」が無くなることは、耐え難い悲しみです。
スズちゃんが出てきたのは、その辛さを少しでも紛らわしたいという、
いわば本能のようなものと存じます。

人としてあたり前の行動です。あまり気になさらないように…。


今は悲しいでしょうから、泣きたいだけ思い切り泣いてください。
不思議と涙は枯れないものです。(水分補給を忘れずに。)

なんかちょっと偉そうに感じたらすみません…。

| neko | 2012/12/31 19:48 | URL |

否定的な捉え方をされた方もあったでしょう。
非公開にて、そう言った意見をされた方もあったかも知れませんね。

ただ、それはその方の感じ方や視点であって、BoBAさんのそれではありません。
タマさんを亡くされ、現にその感情と向き合われているのはBoBAさんです。

何人かの方も仰有っていますが、
BoBAさん自身がタマさんの死を受容する過程でされた事ですから、その時のBoBAさんにとって必要な事だったんですよ。
たから、私たちが良いか悪いか評価することではありません。
気にしないで下さい。
・・と言っても、思いやりのあるBoBAさんは気にしてしまわれるのでしょうけど・・^^


| ひめごん | 2012/12/27 20:47 | URL |

同じです

九月に二十年連れ添った猫が旅立ちました。
実家で生まれたその猫は、今の家族の誰より長い付き合いでした。
二十年生きたし大切にされて幸せな猫だったねって、周りの人達は慰めてくれます。
でも、私の心は後悔と申し訳なさで一杯です。
母を亡くした時、父を亡くした時、同じく後悔と申し訳なさで一杯でした。
解決してくれたのは時間だけでした。
今も唯、時間が過ぎて行くのに身を任せるしかないと諦めて、毎日、泣きたいだけ泣いています。
そして、我が家にも、もう一匹猫が居ます。
もう一匹居てくれて本当に良かったと思います。
毎日、『ありがとうありがとう』と繰り返し撫でています。
今は亡くしてしまった喪失感・悲壮感で一杯の私ですが、時間が過ぎると共に、きっと亡くした猫を近くに感じられる時が来ると思っています。

| なぞう | 2012/12/27 00:04 | URL |


BoBAさん 奥さま
タマちゃん残念でしたね。

今まで、そしてこれからも
タマちゃん スズちゃんの可愛いお写真とお話を拝見できるのを楽しみに
そして感謝しています。

ゆっくりゆっくり
自分たちのペースで
思い出を大切に
回復してください。

言うまでもないでしょうが
残されたスズちゃんも たくさん可愛いがってあげてくださいね。

飼い主さんが あまりにも落ち込んでいると
スズちゃん心配しますよ。

また 動物も人間と同じように
心の病気にもなります。

ストレスから糖尿病や心臓病などになる子も多いです。

ご家族の健康に気をつけて
ゆっくり暖かくしてすごしてくださいね。

| ルナ | 2012/12/25 23:19 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/24 13:21 | |

ブログ更新されていることで安心できます。
直接言葉を掛けられない私からすると、何回見に来ても
更新されていなかったらBoBAさんが心配でたまらないですから・・。
だから気にしないで、気持ちの整理をしてください。

| キジトラ | 2012/12/24 00:15 | URL |

初めまして

久々にブログを拝見して、タマちゃんの最後を知りました。
いつかは来るお別れなのですが、ご心痛はいか程だろうと、お察しいたします。

自分の気持ち、家族の気持ち、残った子の気持ち、そういうのを混ぜて、混ぜこぜて、一所懸命こね回して・・・。
外から見て滑稽でも、異様でも、その時の自分がした事なら、必要だったんです。
理屈ではどうしようもない、私はそう思います。

それに、私には全くコメディ調とは映りません。
BoBAさん、ご家族、スズちゃんの気持ちが伝わってきますよ。

気持ちが落ち着いたら、またブログアップしてくださいね。

| ねこぺん | 2012/12/23 02:55 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

ペットに癒されてたのに、残念ですね。早く元気になってください。

| 早稲田名鶴 | 2012/12/22 23:23 | URL | ≫ EDIT

私も、スズさんを通してのタマさんのお話を
読めてよかったと思っています。

コメディ調とは感じませんでした。

BoBAさんの優しい想いが、
あらゆる方々に向いていたから、
悲痛になりすぎない文章になったのだと感じました。

どうか、あまり悩んだり後悔したり、
ご自分の心をご自分で傷つけたりなさらないで下さいね。

| ひまわり母ちゃん | 2012/12/20 14:24 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/18 20:23 | |

はじめまして。

久々にブログを拝見して驚きました。
寂しいですね。
でも一緒に過ごせた想い出は宝物ですね。
BoBAさん・奥様・スズちゃん、元気だしてくださいね。
タマちゃん、ほんとうに可愛い猫ちゃんでしたね。

| かつめ。 | 2012/12/18 18:01 | URL |

はじめまして、ばんです。
色んな意見を持つ方もいらっしゃるでしょうが、色んな愛のかたちもあるのです。
大好きなBoBAさんのすることにたまちゃんが悲しむことなんてないです。
悲しいのは、いつまでも笑顔が見れない事、そして忘れられてしまう事。

ブログをされてるみなさんの愛にゃんは
もう、ブログにおじゃましてるみなさんにとっても大切な猫にゃんです。
亡くなった姿を、勇気をもって載せてくださる方々をたくさんしっています。
本当はどんなにか悩み、心苦しい事かと思います。
でも、私は病気と戦ってきた姿や、最後の姿を見させていただいた事で心に刻めるし、いつの日か心に整理がついてきます。

大好きな飼い主さんとたくさんの方々に見送っていただけるなんて、どれだけ幸せでしょう。

| ばんちゃん | 2012/12/18 05:05 | URL |

タマちゃん可愛かったですねぇ・
悲しい気持ち痛いほどわかります…昔私も言われた言葉なんですが…
あんまり悲しんでるとタマちゃんが天国に旅立てないですよ

| 黒猫 | 2012/12/17 20:48 | URL |

たまさん、ほんとに可愛く美しい猫ちゃんでした。。。

すずちゃんとのほのぼのとする掛け合いがたまらなく愛しかったです。

ぼばさん、ご家族の哀しみ、辛いお気持ちはみんな理解しています。
いつまでも忘れません。

またきっといつか生まれ変わって会える日がきますように。
たまさん、安らかに。

| つなまま | 2012/12/17 13:50 | URL |

BoBAさんは、哀しい雰囲気の中で皆に元気を出して欲しい気持ちからコメディ調にして下さったんですよね。

みんな分かってますよ!

愛するものを失って、悲しみはジワジワ、時に突然来るものです。
ご無理はなさいませんように。

タマちゃん、本当に美ニャン。
いつか、その222枚のタマちゃんに会える日が来ますように・・・楽しみにしています(^^)♪

| りりこ | 2012/12/17 09:05 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/16 18:42 | |

大丈夫ですよ~

スズちゃんが語る、タマちゃん。
ほほえましくも感じました。

私も、17歳で亡くなった猫のお墓を見る6歳の猫と「いなくなっちゃったね~、寂しいね~」なんで良いながらこういうとこも残しておきたいと思って写真撮ったりしました。

一番悲しいところ、「悩んでる」なんて。
そんな気遣いされる、BOBAさんは優しいな~と、思います。

| のんりょう | 2012/12/16 16:57 | URL |

私も皆さんと同じ気持ちです。

以前、写真家アラーキーさんの愛猫チロちゃんが亡くなった後、ご遺体と火葬後のチロちゃんの姿などが収められた写真集を拝見しました。見てて涙が出たけど、それだけアラーキーさんにとってチロちゃんが重要な存在であったこと、とても愛されていたんだな、と感じました。表現は人それぞれだと思います。BoBAさんのタマちゃんへのいろんな思い…ブログ拝見されている皆様には十分伝わっていると思います。

| みけにゃん | 2012/12/16 16:46 | URL | ≫ EDIT

うちもむちゃくちゃ写真あります。

お悔やみ申し上げます。

我が家も猫の3人娘でしたが6月に1匹亡くなりました。
残された猫に全力投球で接するようになって、反動かなと悩む時もありましたが
今となっては残された猫に手厚くなることが、
先に逝ったお姉さんに対して唯一の[してあげられること]になると思っています。

いつでも彼女に会いたいし、喪失感を感じるし、助けられなかったことが悔やまれます。
これは半年経っても全く変わりません。
だけど残った家族のために、お金も体力もまだまだ必要だし
今まで以上にがんばって生きていかなきゃいけないしで、残された猫に全力投球です。
逝ってしまった当初から、BoBAさんと同じように写真を広げ、死にあたって自分がどうあるべきか悩み
もちろんネット上で語ることについてもためらいを感じ、結局正解なんてなく
でも、もがいていくうちに悲しさと元気の両立で走っていくようになりました。

これも亡くなったお姉さん猫が私達にくれた大事なものだと思っています。
また会いたいね。うちは夢で3回出てきて私の心の中にはいつもいます。
タマちゃんにきっと会えますよ。精神的に手放す必要はありませんよ。
もちろんスズちゃんにサービス増量で、一生懸命生きることをがんばりましょう。

| zip | 2012/12/16 09:14 | URL |

私も、大福ままさんと同じ気持ちです。
これからも、応援しています。

| keiko | 2012/12/16 08:09 | URL |

死後を物語るのは

「書きたい」と「読みたい」があれば、必要といっていいんじゃないでしょうか。

| ひょうすべ | 2012/12/16 07:56 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。

私も皆さんのおっしゃる通りだと思います。

BoBAさんにとって大変辛い事かと思いますが、私も含めて皆さんが、タマちゃん・スズちゃんの毎日を共有しています。勿論、いずれ来るであろう別れの日も…そして、悲しんだり、以前飼っていた猫や犬に想いを馳せる…大切な事だなぁと思います。

それに、ブログを見て不愉快だと思う方はいないと思いますよ。


私も、遺影の写真を選ぶ時、あまりの多さにどれにしようか悩んで、結局複数枚飾っています。残りの写真はアルバムに納めて、いつでも見られるようにしています。

タマちゃんの写真集…不謹慎かもしれませんが、個人的には見てみたい気持ちがあります…でも、BoBAさんの気持ちが一番ですから、タマちゃんの思い出を大切にしてくださいね。

| 大福ママ | 2012/12/16 07:02 | URL |

いっぱい いっぱいの想い出
全部が大切ですね

そして 写真も 1枚1枚が想い出の写真ですね

| たいたい | 2012/12/16 05:49 | URL |

たくさん

たくさん、たくさん、覚えておきましょう
手触りや匂い
今度会ったとき直ぐわかるように

| marigooon | 2012/12/16 01:56 | URL |

愛猫の死は、ご本人が深く、辛く感じていると思います。

でも、悲しいムードだけに沈めたくなくて、
タマちゃんの死後の物語りかたは、スズちゃんやBOBAさんの事を心配してくださる方たちに対して、少し取り繕ってみたような気がしました。わざとコメディ調(?)にして。
それとも客観的に書いてみる事で、少しでも痛みを逸らしたかったのでしょうか。
仕事をするために外に出ていろんな人に会わなければならないのに、悲しい顔ばかりしていられませんよね?
私はBOBAさんの記事を不快には感じませんでした。

タマちゃんの死後が気になるけど、更新のハイペースさに少し心配もあったりして(^_^;)

気の利いた言葉は見つかりませんが、応援してます。体調くずされませんように。

| jun | 2012/12/16 01:35 | URL |

BoBAさん

ニャルホランド ドライヴを通して、
私たち見ている者たちも、
タマちゃんスズちゃんと自分も一緒にいると思っています。
だから、物語ってくれないと、困るのですよ、ほんと。
哀しいけれど、必ず訪れるその日を、
私たちもBoBAさんと共に、分かち合うのです。
一緒に悲しむことで、少しでもBoBAさんの哀しみが
ほんの少しでも癒えますように。

| sabo^-^ten | 2012/12/16 00:01 | URL |

かけがえないもの

かけがえのないものを失った時に自分の気持ちの平静を保つ為に少し不謹慎かもしれないと思うような事でも必要な事だと思います。



残されたものは生きていかなければいけないのだから、悲しいけれど少しずつ少しずつ忘れていくためにスズちゃんの力を借りる事も構わないと思います。



こんなに愛されているタマちゃんとスズちゃんがBoBAさんの事を嫌いになったり恨んだりしませんよ。



不快に感じる方はブログを見なければいいだけの話です。

| 猫ママ | 2012/12/15 23:33 | URL | ≫ EDIT

愛猫を失った悲しみを乗り越えたいお気持ちは痛いほどわかりますが、
亡骸や遺灰をコメディ調で掲載するのは、何度見てもゾッとします。
死を弔うということはもっと厳かであるべきだと思いますよ。

| 小冬 | 2012/12/15 23:01 | URL |

タマちゃん・・・222はニャルホの日

本来なら奥様のお誕生日をお祝いしたいところなのですが
タマちゃんのことを思うと言葉が出てきません。
「ニャルュホランド・ドライブ」に出会えてよかった
タマちゃんとの思い出を少しですが共有できました
これからも続けてください、そしてたまにはタマちゃんの
写真もアップしてください。

| ブタの花子 | 2012/12/15 22:45 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございました

もう1週間ですか、早いですね…

私は、タマちゃんの最後の最後の姿を、スズちゃんをとおして目に焼き付けることができ良かったと思います。
現実をきちんと受け止めることができ、タマちゃんに対して改めて感謝の気持ちが芽生え、お礼も言えたので…

BoBAさんありがとうございました!!

| あき | 2012/12/15 22:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nyalholland.blog92.fc2.com/tb.php/216-4928c517

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。