ニャルホランド ドライヴ 改め ニャンホマニアック -NYANPHOMANIAC-

BoBA家で暮らす猫たちの写真日記

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

≫ EDIT

彼女が「サビ」になった理由

fc2blog_20150708145507128.jpg

サビが我が家に来て、3週間になります。
昨日、ワクチン接種に連れて行って来ました。

「キジトラでサビちゃん…」

誰かに言われるとは思っていましたが、早速のツッコミでした。

乳母さん宅では「ふたば」だった名前が
我が家で「サビ」という名前に至るまでに
実は目まぐるしい変貌があったのです。

最初は「ブリ」と名付けました。
ところが翌日には妻が「サバ」と呼んでしまい、
名付け親に名乗り出ていた 吹石一恵嬢からは「ジャコ」と来て、
ランクを下げられてるみたいだと苦言をしたら、
「ジャム」だの「しじみ」だのと更に提案されて、
それに便乗した乳母さんからは「ハマチ」とも提案され…
最後に「サワラ」… になり掛けて~の「サビ」でした。



しかし、サビ猫と呼ばれる柄がある事を思い出し、
彼女には相応しくない気もしたのですが、
彼女はよく見れば、キジトラ色、サバトラ色が混合しており、
手や耳は黒猫的な色を持ってます。
こう見えて、二色以上の毛が美しくコーディネートされており、
これもひとつのサビ柄と言えましょう。それで納得!

そして「山葵を効かせる」という意味を込めました。



「最近、シャビって呼んでニャい?」

| Sabi | 17:53 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月