ニャルホランド ドライヴ 改め ニャンホマニアック -NYANPHOMANIAC-

BoBA家で暮らす猫たちの写真日記

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒いキツネの出現に戸惑う赤い服着た黒い猫

DSC07560.jpg

「にゃにゃっ?北海道に黒いキツネがいるの!?」


DSC07559.jpg

「ハァ…赤い服着た黒い猫ももう影薄しかニャ…」


DSC07547.jpg

「せっかく和柄の服に変えたのにニャ〜」


DSC07544.jpg

「っていうか、これいつまで着てたらイイの?」
スポンサーサイト

| Kumako | 17:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い服を着た黒猫(クマコ着衣療養中!)

DSC07541.jpg

クマコ、猫ですが洋服を着せられています。
背中に出来た傷舐めを防ぐ為なのです。
避妊手術後で注射をした場所を気にして舐め過ぎてしまい、
直径5cmぐらい脱毛し、皮膚も痛めてしまいました。
エリザベスカラーを付けても発狂して転げ回って外してしまい、
どうしたら良いものかと悩んだ末に思い付いた策でした。

最初はハンカチやネックウォーマーを巻いてみましたが、
暫くすると上手いこと脱ぎ捨てられてしまいました。
これは100円ショップでたった一つだけあったのを見つけた、
小型犬用のSサイズの洋服です。
動物用の洋服なら何でも大丈夫という訳ではありません。
首から肩が抜け落ちないタイプものを探すのが難しかったです。

最初は戸惑っていましたが、翌日には走り回っていました。
それでも服を気にして舐めたり引っ張ったりしますから、
数日でボロボロになってしまいました。

病院から薬(ステロイド)を頂いても、
舐め続けてしまう以上は効果が見られませんでしたが、
洋服でカバーされていたおかげで傷は順調に治癒に向かっております。


DSC07529.jpg

背中から見ると何処かのチームの選手みたい。
治療の為とは云え、黒い体毛に赤いウエアが映えて可愛いじゃないか…


DSC07523.jpg

「!?……」


DSC07526.jpg

「なでしこニャパン?」

| Suzu & Kumako | 08:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。