ニャルホランド ドライヴ 改め ニャンホマニアック -NYANPHOMANIAC-

BoBA家で暮らす猫たちの写真日記

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

タマは独りで黄昏る

tsDSCF2629.jpg

「ハァ~…、もう9歳になるんだニャ…。私は人間で言うと何歳にゃのかしニャ…
 でも顎の下に10円ハゲ出来ちゃうし、老いを感じるニャ… 恥ずかしいニャ…」

tsDSCF2630.jpg

                   「ニャ!! き、聞いてたのかニャ?…」


にほんブログ村 猫ブログへ ◀◀ クリックして応援してニャ! tama02Susu03

| Tama | 16:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢見るネコたち

tsDSCF2917.jpg

Susu15「今日も私、可愛いでニャ?」

tsDSCF2920.jpg

Susu06「フラでも踊りましょうニャ?」

tsDSCF2916.jpg

Susu02「ってニャ…ZZZzzz…」

tsDSCF2852.jpg

Tama005「御飯にゃ?…ZZZzzz…」


にほんブログ村 猫ブログへ ◀◀ クリックして応援してニャ! tama02Susu03

| Tama & Suzu | 22:53 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笑うタマには福来たる

tsDSCF2793.jpg

「ニャ、ハッハッハッ! 『サラリーマンNEO』って面白いニャ~」

(※この写真に加工は一切加えておりません。)


にほんブログ村 猫ブログへ ◀◀ クリックして応援してニャ! tama02Susu03

| Tama | 15:02 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トイレだわ~ スズと僕と、時々、タマ

tsDSCF2789.jpg

スズはいつも僕のトイレを付き添うのがお約束になっている。
子猫の頃は僕が下ろしたトランクスの中で寝ていた事もある。
何処かで眠っていても、必ず気配(臭い)を嗅ぎつけてやってくる。
ドアを閉めていると開けろと鳴いて引っ掻くので閉められなくなった。
習慣になり過ぎて、スズが来ないと落ち着かなくなってしまった。
タマも時々つられて来る事もあるが、我に返ってすぐに去って行く。

tsDSCF2790.jpg

Susu10「お客さ~ん、快便でしたニャ~」

tsDSCF2788.jpg

Susu17「さぁ、トイレットペーパーお取りしますニャ」

なんて事はする訳ないが…


にほんブログ村 猫ブログへ ◀◀ クリックして応援してニャ! tama02Susu03

| Suzu | 01:27 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タマのリラクゼーション

tsDSCF2351.jpg

タマが床に横たわっている姿はなんだか可笑しい。
魚拓ならぬ猫拓でも取れそうな形だ。

tsDSCF2488.jpg

仰向けで足も伸ばすようになったのは僕らの影響なのかな?

もう少し暑くなってくるともっと滑稽になる。
今度はうつ伏せで足を伸ばします。
乞う御期待!!


にほんブログ村 猫ブログへ ◀◀ クリックして応援してニャ! tama02Susu03

| Tama | 22:06 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スズと初めて出逢った場所

tsDSCF2315.jpg

スズの悩殺アップでぇ~い!
このブログ、アップ写真が多すぎるとの声も聞こえましたが、
アップに耐えられる美貌があるからイイじゃないですかっ!

さてと、ここでスズとの馴初めなんぞも語ってしまいましょうかね…。

スズとは港区の鈴江倉庫近くでの撮影現場で出逢いました。
2000年9月に収録した『カリスマ美容師殺人事件』というドラマです。
実はスズを最初に見つけたのは僕ではありません。
主演のとよた真帆さんだったのです。
スズという名前すらもまだない子猫がダンボール箱の中で
現場の人たちに覗かれながらもスヤスヤと眠っておりました。
体の色は濃い目の茶色で、もしかしたらアビシニアンなのかと思いました。
とよたさんは現場で野良猫と出逢ってしまう事が多いらしく、すでに4匹ぐらい家にいるので、
これ以上は面倒が見られないから誰か引き取りませんかという事でした。
偶然にもこのドラマにも猫が出てくるシーンがあったので、
そのシーンに使おうかという声も上がっておりました。

それまで猫を増やそうなどと考えていなかった僕でしたが、
スズのあまりの可愛らしさに心迷わせていると、とよたさんが僕に囁いたのです。
lip「撮影に使われた動物はストレスで寿命が弱くなっちゃうの。
   もし貴方が引き取ってくれたら、私は嬉しいんだけど…。」
(勝手な記憶による)
僕の迷いはすぐに消え、すでに挙手をしておりました。

帰り道、スズを車に乗せて走るとスズはダッシュボードに手を乗せて、
初めて見る光景に驚くかのように外を眺めておりました。
その時のまるで犬のようだったスズの姿が今でも忘れられません。

そして家に着き、スズの体をお風呂のシャワーで洗い流すと
驚いた事にスズの体の茶褐色がみるみると落ちていくではありませんか!
どうやらアビシニアンかと思わせたその体の色は只の汚れだったのです。
それでもミルクティーのような不思議な色の長い体毛に僕らは目を奪われました。

boba58「鈴江倉庫でとよた真帆さんが拾ったから、
   名前は"スズエ マホ"ってのはどうかな? マホ…」
tsuma6「えぇ~? なにそれ~」

そして翌日…

tsuma3「スズ~!」
bobaup63「あれ、マホじゃないんだ…」
tsuma3「スズ~っ、御飯だよ~」
bobaup64「…あ、あぁ…、スズ、なのね…」

こうして新しい家族の名前は決まったのでした。
もう7年前の話です…。

tsFH020019.jpg

tsFH020018.jpg

子猫だった頃のズズ(2000年)


にほんブログ村 猫ブログへ ◀◀ クリックして応援してニャ! tama02Susu03

| Recollection | 17:15 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地球侵略計画実行の時

tsDSCF2110.jpg

tama02「すっかりこの家の夫婦も我々の虜にニャった」
Susu10「二人ともちょっと肥って、そろそろ食べ頃じゃニャい?」

tsDSCF2106.jpg

tama03「馬鹿な地球人どもニャ、カワイイ顔すれば何でも言いなりなのニャ。
   さて、私が先住民だからBoBAを頂く事にするわニェ」

tsDSCF2105.jpg

Susu21「フンっ、そうは行かせニャいわよ、
  私が全部頂くのニャ!」


tsDSCF2490.jpg

Tama005「生意気な茶トラ星人ニャっ! えいっ!!」
Susu20「イタっ!茶トラじゃニャいわよっ!フゥ~っ!」


にほんブログ村 猫ブログへ ◀◀ クリックして応援してニャ! tama02Susu03

| Tama & Suzu | 00:51 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タマのしっぽの秘密

tsDSCF2197.jpg

タマってさぁ…

tsDSCF2461.jpg

キジトラ猫だと思ってたんだけど、しっぽの先端がね…

tsDSCF2462.jpg

色が違うのさ。これってアメショー? それともサバトラって言うの?
しっぽが長い猫は洋猫が混ざってるって聞いた事あるんだけど本当かな?
それにしても意外なところが混血っぽいね。
ところでスズの色って…

tsDSCF2464.jpg

あぁ~っ!またケンカが始まってしまった~!!!

| Tama | 16:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつも傍にいてくれる君

tsDSCF2326.jpg

「ニャ~…、またブログ書いてるの~?」

tsDSCF2329.jpg

「ゴールデンウィークぐらい、どこかに連れてってニャ~」

tsDSCF2328.jpg

「なぁ~んて言う訳ニャ~だろっ!バ~カ!!」

tsDSCF2319.jpg

「ねむいのニャ…」



スズはいつも僕の視界にいる。
そんなに俺の事が好きなのか?
パソコンを触っている時の定位置はここ。
昔はモニターの上や、プリンターの上に乗っかるのでいつも叱ってた。
パソコンのファンの音とかうるさくないのかな?
まぁ、テレビの上に比べたら静かな方か…

ところで家猫になってしまった猫は散歩とかしたくないのだろうか?
最近じゃあ、ベランダにも長くはいなくなった。
部屋の中が一番心地良いのかな。

| Suzu | 17:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スズの悩み

tsDSCF2277.jpg

「BoBAさん?…」

tsDSCF2276.jpg

「これ、どうするの? ちょっと邪魔なのニャ」

猫は高い場所が好きだ。
しかし先日の打上げで当てた景品の上に乗ったのは一度きりだった。
ガンダム・コレクションのホワイトベースの箱は余り好きでないらしい…

参照日記:『BoBA BLoG』本日の収穫(4月27日)

| Suzu | 20:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月